西武池袋線「桜台駅」より徒歩2分。西武池袋線・有楽町線、東京メトロ副都心線、都営大江戸線「練馬駅」より 徒歩10分。西武有楽町線、東京メトロ副都心線新桜台駅より徒歩7分。子供から大人まで、クラシックピアノやポピュラーピアノ、保育士試験まで対応可能なピアノ教室です。ポピュラーピアノではリズムやコードネームなどの知識もご希望によって学ぶことができますし、中高年の男性、OLや主婦の女性、現役の保育士さんなど、初心者大歓迎のピアノ教室です。

練馬ピアノ教室|ピアノルーム練馬

練馬のピアノ教室の紹介をしているサイトです。
 
- ピアノルーム練馬の講師がお届けるする -

ピアノ Diary


No.004〜 グランドピアノとアップライトピアノの違い①

ピアノの形は、横型で大きな「グランドピアノ」と、
縦型の「アップライトピアノ」といった、
きく2種類のタイプに分かれています。
鍵盤の大きさや数は変わらず、
全て同じ音を奏でることの出来る共通したピアノなのですが、
実は、大きさだけではなく中の構造も異なります。
今回は、その構造の違いを比較してみていきたいと思います。
 
まず名称ですが、

「グランドピアノ」は、英語での呼び名で、Grandは「壮大な、豪華な」に由来しています。 
 
「アップライトピアノ」は、英語での呼び名で、upright「直立」に由来しています。
 
そしてピアノの仕組みを表す言葉として、「アクション」というものがあるのですが、
 
・ グランドピアノのアクションは、鍵の力をハンマーへ伝達し、ハンマーが弦を打つ構造になっています。
ハンマーは下側から弦を打ち、ダンパーはハンマーが打弦する直前に弦から持ち上げられ、鍵を放すと、ダンパーは開始位置に戻り、音を減衰させる仕組みです。
 
アップライトピアノのアクションは、グランドの構造を模倣して、縦型(でも出来るよう)にした形です。
ですので、押鍵された鍵盤とハンマーは同一方向でないため、力と時間のロスが生じます。
 
比較すると、グランドピアノでは、
ハンマーが反動と重力によって自然な動きで下に落ちるのに対し、
アップライトピアノは前後に動く形なので、
反応のよいピアノ・アクションを製造することは難しく、
ハンマーを戻すのにバネの力を借りるため、
特に連打性能に関しては決定的に違い、
グランドピアノは
1 秒間に 13~14 回の連打が可能ですが、アップライトピアノは通常その半分程度での 7 回程度です。
 
このように、同じピアノではありますが、
構造の違いから、決定的に違う部分があるということも、
一つ覚えておくとよいかと思います。
次回は、ペダルについてお話したいと思います。

ピアノルーム練馬/無料体験レッスン
ピアノルーム練馬/お問い合わせ
  • 当教室のレッスン内容をご紹介いたします。
  • 入学金等初期費用無料!!ムダのない料金システムです。
  • 講師プロフィールや教室所在地、機材リストなどはこちらから。
  • まずは無料体験!!随時受付中です。無料体験レッスンお申し込みフォームはこちらから。
講師募集中のお知らせをしています講師募集中のお知らせをしています

Nesteg Music School では、音楽教室講師も随時募集しております。
作曲・編曲やピアノ・ギター・DTM...あなたの得意な分野を活かしてみませんか?

NestegArts株式会社音楽制作


インディーズ・メジャーを問わず、J-Popsから映画音楽・劇伴など、幅広いジャンルの音楽制作を受注しております。
作曲、編曲(アレンジ)はもちろん、ミックス・マスタリングやレコーディング、演奏者の手配、CD制作・プレスから音楽配信、ステージ音響にいたるまで、音楽制作を必要とする人に向けたオンリーワンの制作会社です。

当教室講師も長年利用!!楽器を買うなら「サウンドハウス」がオススメです。

サウンドハウス