西武池袋線「桜台駅」より徒歩2分。西武池袋線・有楽町線、東京メトロ副都心線、都営大江戸線「練馬駅」より 徒歩10分。西武有楽町線、東京メトロ副都心線新桜台駅より徒歩7分。
子供から大人まで、クラシックピアノやポピュラーピアノ、保育士試験まで対応可能なピアノ教室です。ポピュラーピアノではリズムやコードネームなどの知識もご希望によって学ぶことができますし、中高年の男性、OLや主婦の女性、現役の保育士さんなど、初心者大歓迎のピアノ教室です。

ピアノルーム練馬

ピアノルーム練馬/ピアノルーム溝の口ビルボード
 
 
 
- ピアノルーム練馬の講師がお届けるする -

ピアノ Diary


No.008〜うなりにつきまして〜

ピアノルーム溝の口/音符が読める2つの呪文
うなり

以前、
「絶対音感」につきまして書かせて頂きましたが、
 
それに加えまして、「うなり」について書かせて頂きたいと思います。
 
ピアノの音程を合わせる調律ですが、
 
ギターやヴァイオリン等の弦楽器は弦を張っているネジがだんだんゆるむと音が下がってしまう為、
 
演奏する前にチューニングという作業をすると思いますが、
 
それと同じ作業が、ピアノの弦にも必要で、
 
チューニング作業の調律をするのですが、
 
ギターやヴァイオリンのように弦が見えている楽器ではなく、
 
大きなフレームに張ってある弦の為、
 
特別な工具で調律師が行う専門的な作業になります。
 
 
それには、ネジをまわす工具のみで調律する為、
 
調律には絶対音感が必要で、
 
調律師は みんな絶対音感を持っている、
 
持っていないとなれない、と思われていることがありますが、
 
調律に、音を合わせる器具のようなものはなく、
 
基音となる「ヘルツ」を音叉で 合わせた後は、工具のみで、実際調律師の耳だけで合わせています。
 
しかし、それは、音を合わせているのではなく、
 
ピアノは複数の弦から同じ音を奏でている為、
 
その弦同士を合わせる作業
 
そこから出る『うなり』というものを合わせる 作業をしています。
 
それには、絶対音感が必要などころか、
 
それが邪魔をしてしまい、うなりを聴くことが 困難な場合もあるくらいなのです。
 
長年毎日のようにピアノに触れ、弾き続けてきた私にとって、
 
ピアノの音がこんなに聴き分けて合わせることが難しいことや、
 
こんなにピアノに対して無知なことに衝撃と 怒りをおぼえ、猛反省を致しました 。
 

ピアノルーム溝の口/無料体験レッスン
ピアノルーム溝の口/お問い合わせ

当教室講師も長年利用!!楽器を買うなら「サウンドハウス」がオススメです。

サウンドハウス