西武池袋線「桜台駅」より徒歩2分。西武池袋線・有楽町線、東京メトロ副都心線、都営大江戸線「練馬駅」より 徒歩10分。西武有楽町線、東京メトロ副都心線新桜台駅より徒歩7分。
子供から大人まで、クラシックピアノやポピュラーピアノ、保育士試験まで対応可能なピアノ教室です。ポピュラーピアノではリズムやコードネームなどの知識もご希望によって学ぶことができますし、中高年の男性、OLや主婦の女性、現役の保育士さんなど、初心者大歓迎のピアノ教室です。

ピアノルーム練馬

ピアノルーム練馬/ピアノルーム溝の口ビルボード
 
 
 
- ピアノルーム練馬の講師がお届けるする -

ピアノ Diary


No.0010〜ワンパターンと個性〜

ピアノルーム溝の口/音符が読める2つの呪文
ワンパターンと個性

“これはワンパターンと個性どちらですか?” と、
 
いう質問
 
 紙一重なのかもしれませんが、
 
「この人の作品はいつもこのパターンだ」なのか、 
 
「メロディーを聴くと、作曲者が誰だか見当がつく」なのか、
 
表現の印象は随分違いますが、
 
単なる言い方の違いだけで、
 
同じことを、ただ良い言い方と良くない言い方をしているだけなのでしょうか。 
 
作曲の視点で考えた時には、何がパターン化されているものなのか、
 
その人特有の表現なのかによって違い、
 
それを楽譜上で分析すると分かる部分もあるのですが、
 
そういった理論上で説明しながらお答えすれば、
 
最初の質問にも真摯に回答することが出来るのかもしれませんが、
(実際レッスンではそう いったことも含め、お話することが出来ますが、)
 
「音楽」は、聴いている みなさんがどう感じるか、
 
という感情も大きく関わるため、
 
専門的な音楽の講義や理論や作・編曲のレッスンでの質問ではなく、
 
曲を聴いている中での お話の場合、質問自体も本来のセオリーではなく、
 
「ワンパターンに聞こえる 曲」
 
「個性的に聞こえる曲」
 
というのが求められている答えなのではないかと 思います...。
 
そして、その視点から向き合ってみても感じることは、
 
飽きや流行を感じさせることなく、世代を問わず、
 
作曲者の見当がつくほどの確立が出来た巨匠の作曲者には、
 
「個性」というものが生まれるのではないでしょうか。。
 
音楽にももちろん理論やルールのような決まり事もあり、
 
その上に成り立っているいるものではありますが、
 
技術やセンスも求められ、聴衆の感情も左右する芸術でもあるため、
 
答えが1つでないのも事実です。
 
楽器を演奏するうえで、
 
「基礎」と「個性」を大事に...と言っている私ですが、
 
作曲は創作段階からそれを問われていることになると思うと、
 
さらに難しく感じますが、創造や想像は未知数です。
 
この質問が困る質問というわけではありませんが、
 
自身の創作や演奏活動においても、レッスンの中でも、
 
そういったことを総合的に考えられたら良いと改めて思いました。 

ピアノルーム溝の口/無料体験レッスン
ピアノルーム溝の口/お問い合わせ

当教室講師も長年利用!!楽器を買うなら「サウンドハウス」がオススメです。

サウンドハウス